■ TCHとは?

 

 

TCHの発見に関わった木野孔司歯科医師の説明

 

  何もしていないとき人間の上下の歯は接触していません。くちびるを上下閉ざしていても上下の歯は触っていないのです。本来上下の歯は会話、食物の咀嚼、食物の嚥下という動作をするときに瞬間的に触るだけです。ですから接触時間を加えていって1日ためても20分以下です。
 ところが、何かの作業をしているとき、考え事をしているとき、テレビを見ているときなどに上下の歯を触らせたままにしている人がいます。たとえ強くかんでいなくとも、上下を軽く接触させただけで口を閉じる筋肉は働いてしまうのです。
  ですから、上下触らせていると、その間筋肉は働き続けてしまいます。接触時間が長時間になれば筋肉は疲労してきます。また口を閉じる筋肉が働くと、顎関節は押えつけられることになるため、長時間になると関節への血の巡りが悪くなり、丁度正座していて足がしびれたときと同じように、感覚が敏感になって痛みを感じやすくなってしまいます。
 この不必要な上下の歯の接触という癖(Tooth Contacting Habit (TCH)と名付けました)が、多くの顎関節症患者さんに見られたため、この癖の是正をしていただきました。すると,他の治療を何もしていないのに症状が消える方が多数いらっしゃったのです。つまりこのTCHが症状を作り出すうえでの大きな役割をになっているということが分かってきたのです。

 

ご自分で試す TCH

 

 TCHは、日常生活に溶け込んだ癖ですから、自覚出来ません。そこで、次のようなことを試してみてください。

1. 唇を軽く閉じてみてください。

   唇を閉じたら、自然と上下の歯が触れるようでしたら、TCHがあります。

2. 唇は閉じた状態で、上下の歯を軽く当てて(触れて)みて下さい。咬むのではありません、触れるだけです。

    軽く当てた状態で、数分間違和感なく維持できるようでしたら、 TCHという癖があります。

  本人は自覚できていないTCHという癖が、TCHリスクが高まることによって、顎関節症を引き起こしたり、歯の寿命まで左右することとなります。



 
 

ホームに戻る

 

 

この会は、木野孔司准教授をリーダーとした東京医科歯科大学の顎関節治療部で研究・研修した歯科医師有志と齋藤博(サイトウ歯科)によって、TCHを社会に広める目的で、2010年に設立されました。過去6年の社会活動で、TCHが社会的に認知されるようになりました。木野先生が東京医科歯科大学を定年退職されたため、事務局の齋藤博(サイトウ歯科)が、この会を引き継ぎ、TCHを社会に広める活動を展開してゆきます。