TCHコントロールで、顎関節症・虫歯・歯周病をシッカリとガードする。

 

  2003〜2004年に、木野孔司元東京医科歯科大学准教授の所属する顎関節症治療部でTCH(Tooth Contacting Habit )という言葉が生まれ、難症例の顎関節症を、TCHコントロールだけで日常生活に困らない程度に改善させる治療法が生まれました。 齋藤博歯科医師は、この治療法を広める必要性に気付き、木野先生(グループ)と「次世代の顎関節症治療を考える会」を企画・設立し、 2010年8月のホームページ製作を機に広報活動開始しました。

 TCHは、大学病院に来院された数千人の顎関節症患者さんから得られたアンケート調査の結果から発見されたもので、十分に学問的な背景がありました。この学問的な背景を利用して、ホームページの展開・本の出版・木野先生のTV出演・歯科医学誌での論文展開・マスコミの取材・歯科医に対する研修会などを展開しました。

 活動の代表例は、講談社から「顎関節症とかみ合わせの悩みが解決する本」「100歳まで自分の歯をのこす4つの方法」、医歯薬出版から「TCHコントロールで治す顎関節症」「歯科医院で取り組むTCHコントロール入門」などの出版。幸い、これらの本はすべて重版となりました。その他に、木野先生の「たけしの健康エンターティメント」「ためしてガッテン」「きょうの健康」などへのTV出演、読売新聞・日本経済新聞・朝日新聞・日経ビジネスなどといった多くのマスコミの取材、歯科医師向け「歯界展望」「日本歯科評論」への論文発表などです。


 「次世代の顎関節症治療を考える会」は予想以上の反響があり、多くの歯科医師がTCHという言葉を知り、顎関節症治療に取り組めるようになりました。

 「歯」という言葉から、「噛む」ことを連想されると思います。「シッカリ噛む」「口をポカンと開けていてはいけない」「咬む事で、脳が活性化される」「硬い物を咬まないといけない」などと周りの環境から言われて育ったのですから、「噛む」を連想することは当たり前の話です。しかし、本当に強く噛み続けてよいものでしょうか。歯や顎関節は鋼(はがね)のように強いものではなく、けっこう脆弱なものです。「噛む」という概念だけで歯を使用しているため、顎関節症・虫歯・歯周病という三大疾患などの大きな原因となっています。
  TCHという言葉は、「噛む」のではなく「歯を離す」という、今までの概念とは、逆の概念を示唆しています。実は、「歯を離す」必要性が理解でき、習慣化することで、咀嚼筋の力のコントロールが可能となり、顎関節症治療ならびに予防・虫歯・歯周病の予防となります。そして、顎関節症・虫歯・歯周病という三大疾患が管理できるようになれば、100歳まで自分の歯を残すことも夢ではなくなります。

 TCHコントロールで、歯や顎関節に加える力をコントロール出来るようにすることと、「砂糖を極力とらない」「1日1回正しい歯みがきをする」と並行して行うことで、「100歳まで自分の歯を残す」ことが夢ではなく現実化してきます。
  TCHが歯科医に広く知られるようになり、役目を終えた「歯科医師向け研修のご案内」のコーナーを「グッド・ライフのために」に置き換えました。このコーナーでは、「100歳まで健康に生きる」ことに関連するウェルネス情報を発信してゆきます。

 

 

詳しい説明と購入法
 

 

この会は、木野孔司准教授をリーダーとした東京医科歯科大学の顎関節治療部で研究・研修した歯科医師有志と齋藤博(サイトウ歯科)によって、TCHを社会に広める目的で、2010年に設立されました。過去6年の社会活動で、TCHが社会的に認知されるようになりました。木野先生が東京医科歯科大学を定年退職されたため、事務局の齋藤博(サイトウ歯科)が、この会を引き継ぎ、TCHを社会に広める活動を展開してゆきます。