顎関節症治療から生まれたTCHコントロールを、「生涯自分の歯を使う」ために

 のホームページは、顎関節症で悩まれておられる方、TCHとは何だろうと興味を持たれた方、TCHコントロールを自医院に導入されたい方などに閲覧されています。
  顎関節症で悩まれておられる方については、次の「本会設立の経緯」でも触れているように、本来のTCHコントロールを受けることで、日常生活で困らない範囲まで顎関節症症状は改善します。
  TCHという言葉が広く知られるようになり、現在では、
TCHの概念を利用して、顎関節症・虫歯・歯周病という3大疾患を管理する「TCH是正咬合療法」が生まれました。 そこで、TCH広報活動の原点となったこのホームページを利用して、「TCH是正咬合療法」の広報活動を展開してゆきます。(広報担当:渡邉)

本会設立の経緯

 木野孔司元東京医科歯科大学准教授と大学の同級生である齋藤博先生は、歯学部の学生時代から親しい友人として付き合ってきました。
  特に、木野先生が顎関節治療部部長になられてからは、患者さんを介しての付き合いが緊密になり、2000年代の初頭には、TCH(Tooth Contacting Habit の略)の前身とも言える「歯を離して、舌は上」という概念を、齋藤先生の医院でも、粘膜に痛みがあるため入れ歯を使えない患者さんやゲームに夢中になり噛み締める習慣になった子供さんの歯列矯正に導入して、効果をあげていました。

 2003〜2004年の頃に、木野先生の勤務する顎関節症治療部で、TCH(Tooth Contacting Habitの略)という言葉が生ま、難症例の顎関節症をTCHコントロールだけで、日常生活に困らない程度に改善させる技術を獲得されました。 この治療法では、マウスピースを使用しません。マウスピースを装着すると、マウスピースを絶えず噛んでいるため、TCHの概念とは真逆の結果となります。また、マウスピースで一時的に改善させても、本来の顎関節症はよくなっていませんから、再発する可能性があります。この状態を、「かくれ顎関節症」と言います。

 TCHコントロールだけで、難病といわれる顎関節症治療および予防・虫歯や歯周病の予防ならびに軽減できるという、患者さんにとっては願ってもない方法を社会に広める必要性に気付き、木野先生(グループ)と齋藤先生とで本会を設立しました。 2010年8月、齋藤先生のホームページを製作が本格的な開始の切っ掛けとなりました。 

 TCHは、大学病院に来院された数千人の顎関節症患者さんから得られたアンケート調査の結果から発見されたもので、十分な学問的な背景がありました。この学問的な背景を利用して、ホームページの展開・本の出版・木野先生のTV出演・歯科医学誌での論文展開・マスコミの取材・歯科医に対する研修会などを展開しました。

 活動の代表例を挙げますと、講談社から「顎関節症とかみ合わせの悩みが解決する本」「100歳まで自分の歯をのこす4つの方法」、医歯薬出版から「TCHコントロールで治す顎関節症」「歯科医院で取り組むTCHコントロール入門」などの出版、木野先生の「たけしの健康エンターティメント」「ためしてガッテン」「きょうの健康」などへのTV出演、読売新聞・日本経済新聞・朝日新聞・日経ビジネスなどといった多くのマスコミの取材、歯科医師向け「歯界展望」「日本歯科評論」への論文発表などです。
 
 
顎関節症が改善しても、顎位を安定させて再発を防ぐために、補綴治療・歯科(虫歯)治療・矯正治療が必要になることがあります。齋藤先生が、数十年に亘り、木野先生の指示にしたがって、この部分を担当してきました。顎関節症の患者さんは、薄紙1枚という1000分の20mm程度の咬み合せの高さの違いにも敏感に反応します。こうした患者さんを治療するためには、熟練した歯科医が、すべての作業(補綴治療・歯科治療・矯正治療)を担当し、歯科技工物まで手作り(ハンドメイド)する必要がありました。また、顎関節症を患っていない患者さんのTCHリスクを診断して、必要な患者さんにTCHコントロールを習熟させることで、虫歯・歯周病・顎関節症予防になります。こうして生まれたのが「TCH是正咬合療法」です。この部分の詳しいことは、歯科専門誌「歯界展望」11月号、12月号に「TCH是正咬合療法」が特集として掲載されています。

   

 「TCH是正咬合療法」では、TCHから生まれた顎関節の治療および予防管理と、齋藤先生の考案した「ペリオクリーニング」による歯周病の予防管理(虫歯の管理)を統一させて、「生涯自分の歯を使う(100歳まで自分の歯を使う)」ことを目標としています。
 「TCH是正咬合療法」の歯科治療法以外の部分については、講談社刊「100歳まで自分の歯を残す4つの方法」を読んでいただくことが、一番の近道です。

齋藤先生からの報告

  「100歳まで自分の歯を残す4つの方法」で、現在受けている治療に疑問を持つようでしたら、セカンドオピニオンも必要と書いたため、多くの医療相談(有料)をお受けする結果となりました。参考までに、相談例のいくつかを紹介してみましょう。

例1:毎月予防のために歯科医院に通い、親切な歯科衛生士のスケーリングを受けていたが、初診時以外院長に口の中を診てもらえることはなかった。スケーリングを受けた後は、2〜3日冷たい水がしみるといった違和感があるけれども、これも予防効果があるために起こることだと納得していた。ある時、奥歯の歯肉が脹れ、歯もぐらつくので緊急来院すると、突然、院長から、抜歯して、インプラントかブリッジにするように薦められた。

例2:来院するたびに、「かみ合わせ調整しておきましょう」と言われて、少しづつ歯を削られた。ある時、友達から「あなたの歯、なんでそんなに小さいの?」と言われ、鏡でマジマジ見て「えっ!うそ・・」。

例3:虫歯治療で来院。来院するたびに削られ、神経を取る治療をされた。その後も、少しずつ削られ、数ヵ月後、歯が残っていないので抜歯してインプラント治療が必要と言われた。

例4:毎月クリーニングに通っているが、院長から何の説明もない。「本当に、このまま通い続けていても大丈夫なのか」

 相談の中には、現在の保険診療の枠の中では、どうしようもないという相談も多く、どのようにアドバイスすれば、相談者に役立つか苦慮する場面が多々ありました。
 お話を聞いていて実感することは、歯科の基本的知識を何も持っておられないことです。これでは、歯科医の言われるままになってしまいます。「100歳まで自分の歯を残す4つの方法」に、「これだけは知っておこう」というコラムが随所にあります。ぜひとも、暗記してください。暗記してから、ご自分の歯について悩むことを開始してください。そうでないと、見当違いなことで悩む結果となります。

 

 

詳しい説明と購入法
 

 

 

 

 

 

 

 

この会は、木野孔司准教授をリーダーとした東京医科歯科大学の顎関節治療部で研究・研修した歯科医師有志と齋藤博(サイトウ歯科)によって、TCHを社会に広める目的で、2010年に設立されました。過去6年の社会活動で、TCHが社会的に認知されるようになりました。木野先生が東京医科歯科大学を定年退職されたため、事務局の齋藤博(サイトウ歯科)が、この会を引き継ぎ、TCHを社会に広める活動を展開してゆきます。