TCHリスク分類


 1日に上下の歯が触れないと生活できない時間は、たった20分以内と考えられています。それは、食事・嚥下(ツバを呑む瞬間)・発音(日本語では、訓練で当たらなくても発音出来ると考えています)の時間です。それ以外の時間は、当たらなくても日常生活に支障はないと考えられています。しかし、顎関節や口腔内のトラブルに繋がらない当たり方(触れ方)であれば問題にはなりませんが、トラブルがあったり、トラブルを予防する必要がある場合は、TCHコントロールを修得する必要があります。

 ところで、歯科に関係する学者でない限り、歯ぎしり・クレンティング・TCHを厳密に分ける意味はありません。歯ぎしりやクレンティングの発生機序は、TCHとは異なるかもしれませんが、上下の歯が触れていることに違いはありません。しかも、木野先生の考案したTCHコントロール法の「上下の歯が触れたら離す」という習慣が身につけば、TCHばかりでなく歯ぎしりやクレンティングも減ってきます。「当たれば離す」という反射が出来上がります。

 

 生活習慣は一人一人異なっています。TCHに関して言えば、長時間歯を当てている人もいれば、殆ど当てていない人もいます。顎関節症や口腔内のトラブル予防まで考えた時に、ハイリスクの患者さんとローリスクの患者さんを見分けて指導する必要があります。

  指導の必要ないローリスクの患者さんに指導すると、いつも「歯を当ててはいけない」と考え、無理に歯を離しておこうとするため、咀嚼筋が疲弊してしい、逆に顎が不安定になる危険があります。まさに、生兵法は怪我のもとです。

 そこで登場するのが、TCHリスク分類です。この分類では、現在の口腔内のトラブル(例えば、歯の動揺・磨耗、舌圧痕、骨隆起など)も診査します。こうしたトラブルが、過去にTCHだけでなく、クレンティンや歯ぎしりで起きた可能性がありますが、どんな過去履歴であれ、TCHコントロールで解決できればよいのです。

ちなみに、サイトウ歯科で使用している、患者さんのTCHリスクを診査する診査表を紹介しておきます。

この診査表を使用して、TCHリスク1・TCHリスク2・TCHリスク3a・TCHリスク3bのいずれかに診断して、それぞれのTCHリスクに応じた対応をしています。

 ご自分の癖は、自分では気づかないものです。他人に言われてはじめて気づくことが多いものです。特に、TCHという癖については、TCHをよく知る専門家が指摘しても、多くの場合、気づいてもらえません。
  TCHリスク3a,3bに分類される人々は、絶対に気づく必要があります。顎関節や口腔内にトラブルが起きている、または起きてくるからです。(広報:渡邉)

 

 

ホームに戻る

 詳しい説明と購入法

 
 

この会は、木野孔司准教授をリーダーとした東京医科歯科大学の顎関節治療部で研究・研修した歯科医師有志と齋藤博(サイトウ歯科)によって、TCHを社会に広める目的で、2010年に設立されました。過去6年の社会活動で、TCHが社会的に認知されるようになりました。木野先生が東京医科歯科大学を定年退職されたため、事務局の齋藤博(サイトウ歯科)が、この会を引き継ぎ、TCHを社会に広める活動を展開してゆきます。