■トラブルを未然に防ぐために、ご自分のTCHリスク分類を知ろう


 1日に上下の歯が触れないと生活できない時間は、たった20分以内と考えられています。それは、食事・嚥下(ツバを呑む瞬間)・発音(日本語では、訓練で当たらなくても発音出来ると考えています)の時間です。それ以外の時間は、当たらなくても日常生活に支障はありません。

 1日に20分を越えて上下の歯を接触させている癖をTCHと定義しています。TCHの程度は、人により異なります。また、同一人物でも、取り巻く環境やライフイベントで、TCHの程度は時々刻々変化しています。顎関節や口腔内のトラブルに繋がるようなTCHリスクの高い人については、TCHコントロールが必要となります。

TCHリスク分類

TCHリスク1:ほとんどTCHのない患者さんで、こうした患者さんにTCHコントロール指導してしまうと、いつも「歯を当ててはいけない」と考え、無理に歯を離しておこうとするため、咀嚼筋が疲労して、逆に顎が不安定になる危険があります。指導を受けてはいけない患者さんです。

TCHリスク2:TCHによるトラブルが口腔内に起こっていない状態ですが、ライフイベントによっては、TCHが増える患者さんです。

TCHリスク3a 口腔内にトラブル、例えば、歯の動揺・磨耗、舌圧痕、骨隆起などが起こっていますが、顎運動には問題の起きていない状態です。指導を受けてTCHコントロール出来るようにする必要があります。

TCHリスク3b:顎運動にトラブルの起きた状態(顎関節症・咬合違和感・隠れ顎関節症)です。放置してはいけない状態です。

 TCHは、どんなにTCHリスクが高くなっても、自覚症状のないことが普通です。

  TCHリスク3b は、顎関節にトラブルが起きているのですから、治療を受ける必要があります。効果のない治療を受けていたり、何とか我慢できるからと放置していると、その後適切な治療を受けても、症状の改善には長い時間が必要となります。

 TCHリスク3a は、顎関節にトラブルが起きていない状態ですが、たった1本の虫歯治療から咬合違和感に発展する可能性を含んでいます。歯周病も急速に進行します。一番奥の歯がグラツクといった症状があれば危険信号です。

 「100歳まで自分の歯を使う」ためには、生涯を通じて、TCHリスク1ないしTCHリスク2を維持する必要があります。いずれにしても、TCHリスク3a,TCHリスク3b は放置してはいけません。自覚症状がないため、注意が肝要です。

参考までに、私の医院で使用しているTCHリスク診査表。

 この診査表を使用して、TCHリスク1・TCHリスク2・TCHリスク3a・TCHリスク3bのいずれかに分類しています。

 

 

ホームに戻る

 詳しい説明と購入法

 
 

この会は、木野孔司准教授をリーダーとした東京医科歯科大学の顎関節治療部で研究・研修した歯科医師有志と齋藤博(サイトウ歯科)によって、TCHを社会に広める目的で、2010年に設立されました。過去6年の社会活動で、TCHが社会的に認知されるようになりました。木野先生が東京医科歯科大学を定年退職されたため、事務局の齋藤博(サイトウ歯科)が、この会を引き継ぎ、TCHを社会に広める活動を展開してゆきます。