グッド・ライフのために:TCHという言葉をご存知ですか

 

 
 鏡に向って、大きく口を開けてみましょう。

(口が大きく開かない、開けようとすると痛い場合は、顎関節症かもしれません。)

 舌の先が、ギザギザになっていませんか。

 頬っぺたの内側にスジがありませんか。

 このような症状が見られる場合、普段何もしていない時に、上下の歯を当てている癖(TCH)があります。TCHがあると、頭痛や肩こりの症状が現れるばかりでなく、歯の寿命も短くなります。

 

 このページは、「次世代の顎関節症治療を考える会」というホームページに属しています。
この会は、上下の歯を当てている癖(TCH)が、顎関節症の原因になるばかりではなく、歯の寿命を短かくする事実を、より多くの人に知っていただき、「100歳まで自分の歯を残す」ことを現実にしする啓蒙活動を行っています。参考になりますから、ぜひともご覧下さい。「次世代の顎関節症治療を考える会」へ

 「グッドライフのために」に戻る

 

 

 

詳しい説明と購入法

ホームに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

この会は、木野孔司准教授をリーダーとした東京医科歯科大学の顎関節治療部で研究・研修した歯科医師有志と齋藤博(サイトウ歯科)によって、TCHを社会に広める目的で、2010年に設立されました。過去6年の社会活動で、TCHが社会的に認知されるようになりました。木野先生が東京医科歯科大学を定年退職されたため、事務局の齋藤博(サイトウ歯科)が、この会を引き継ぎ、TCHを社会に広める活動を展開してゆきます。