これまでの広報・研究活動実績と 今後の展開

 

 

  本会の今までの経緯 

 2003〜2004年に、木野孔司元東京医科歯科大学准教授の所属する顎関節症治療部でTCH(Tooth Contacting Habit )という言葉が生まれ、難症例の顎関節症を、TCHコントロールだけで日常生活に困らない程度に改善させる治療法が生まれました。 齋藤博歯科医師は、この治療法を広める必要性に気付き、木野先生(グループ)と「次世代の顎関節症治療を考える会」を企画・設立し、 2010年8月のホームページ製作を機に広報活動開始しました。

 TCHは、大学病院に来院された数千人の顎関節症患者さんから得られたアンケート調査の結果から発見されたもので、十分に学問的な背景がありました。この学問的な背景を利用して、ホームページの展開・本の出版・木野先生のTV出演・歯科医学誌での論文展開・マスコミの取材・歯科医に対する研修会などを展開しました。

 活動の代表例は、講談社から「顎関節症とかみ合わせの悩みが解決する本」「100歳まで自分の歯をのこす4つの方法」、医歯薬出版から「TCHコントロールで治す顎関節症」「歯科医院で取り組むTCHコントロール入門」などの出版。幸い、これらの本はすべて重版となりました。その他に、木野先生の「たけしの健康エンターティメント」「ためしてガッテン」「きょうの健康」などへのTV出演、読売新聞・日本経済新聞・朝日新聞・日経ビジネスなどといった多くのマスコミの取材、歯科医師向け「歯界展望」「日本歯科評論」への論文発表などです。

 

本会の今後の展開

 

 現在では、多くの開業歯科医が、TCHコントロールを利用して、顎関節症治療ならびに予防が出来るようになりました。私たちの経験では、2〜3回適切なTCHコントロールを行うことで、ほとんどすべての顎関節症患者が日常生活に支障のないレベルに改善しています。いまだ、TCHコントロールを導入されておられない歯科医の先生は、ぜひとも導入されることをお勧めします。

 TCH=顎関節症治療というテーマは終り、次なるテーマ、「100歳まで(生涯)自分の歯を使う」ことを広める活動をしてゆきます。「100歳まで(生涯)自分の歯を使う」を現実にするためには、Sugar(ショ糖)・Plaque(プラーク)だけでなく、本会の提唱するTCHコントロールが必要不可欠な絶対条件になるためです。

 昔は、60〜70歳までの寿命でしたから、自分の歯も70歳まで持てばよいと考えられていたのではないでしょうか。現在では、100歳まで生きることも視野に入れる必要があります。100歳まで自分の歯を使い続けるには、Sugar(ショ糖)・Plaque(プラーク)・TCHという3つのコントロールは絶対条件となります。今を生きる私たちは、100歳まで生きると言うことに頭を切り替えて、寿命のある限り自分の歯を使う覚悟が必要なのではないでしょうか。どこから手をつければよいかわからないようでしたら、「100歳まで自分の歯を残す4つの方法」(講談社刊)を熟読してみてください。

 


 本会活動の詳細履歴

 

2010年8月: 「次世代の顎関節症治療を考える会」というホームページを立ち上げ、広報活動を開始。

2011年2月24日:講談社から「完全図解 顎関節症とかみ合わせの悩みが解決する本」を出版。

2011年3月:歯科専門誌「歯界展望」3月号に、特集「生活習慣病としての顎関節症のマネジメント」掲載。

2011年6月23日:読売新聞に「口の緊張 顎関節症招く」掲載。

2011年8月:歯科専門誌「歯界展望」8月号に、特別企画「歯列接触癖(TCH)を知っていますか?」掲載。

2011年8月8日:日本経済新聞(夕刊)に連載中の「歯磨きの底力」7回目で、「不要な接触 トラブル源」掲載。

2011年10月21日:日刊ゲンダイに「上下の歯をつける癖なくせば顎関節症は治る」掲載。

2011年12月14日:日刊ゲンダイに「上下の歯を触れさせないだけで歯周病がよくなる」掲載

2011年1月31日:みんなの家庭の医学#70「治らない肩こりをスッキリ解消SP」に木野先生出演

2012年4月〜11月:歯科専門誌「デンタルハイジーン」4月号〜11月号に「歯科衛生士が気づく!伝える!顎関節症マネジメ              ント 基本の”き”」

2012年7月25日:NHKの「ためしてガッテン」に木野先生が「さらば!オナラ肩こり 原因はたった1つの癖」というテーマで出            演。

2012年7月:東京都歯科医師会雑誌7月号に「TCHについて」掲載。

2013年3月27日:講談社から「100歳まで自分の歯を残す4つの方法」出版。

2013年4月20日:週刊ダイヤモンドに「自分の歯を残すポイントはTCHのかいぜんにあり」掲載。

2013年5月9日:東京スポーツに「一生、自分の歯を残し 元気な熟年に」掲載。

2013年10月:歯科専門誌「歯界展望」10月号に、「TCHのコントロールを日常診療に取り入れる」掲載。

2013年11月9日:聖教新聞に「100歳まで自分の歯を残そう!」掲載。

2014年3月12日:NHKEテレ「きょうの健康」に「意外な癖も原因!?顎関節症」というテーマで木野先生出演。

2014年3月:マガジンハウス社「Tarzan」3月27日号に「続々判明、顎関節症の新事実。」掲載。

2014年3月20日:夕刊フジに、顎関節症:「歯の接触グセ」に注意 削らずに元に戻す治療を」掲載。

2014年4月10日:講談社から「自分で治せる!顎関節症」出版。

2014年4月13日:東京医科歯科大学歯科同窓会で、臨床セミナー「木野孔司のTCH」。

2014年7月:日経「日経おとなのOFF」7月号に「100歳まで歯を残す4つのポイント」掲載。

2014年7月19日:フジテレビの朝の番組「めざましTV」に木野先生出演。

2014年9月29日:日経トレンディネットに「連載:虫歯も歯周病も怖くない!強い歯の”絶対常識”」掲載。

2014年10月25日:朝日新聞の土曜版「be」に「根を詰めず、口の脱力を」掲載。

2014年11月:歯科専門誌「歯界展望」11月号に「かくれ顎関節症の危険性」掲載。

2014年11月7日:日経ビジネスオンライン、日経トレンディネット主催のいい歯の日、直前セミナー「センテナリアンを目指そう、            100歳まで生きるために歯の健康を」に参加。

2015年1月8日:毎日新聞夕刊に「歯列接触癖(TCH)とは」(木野孔司)。

2015年3月:法研「すこやかファミリー」3月号に「全身の不調につながる歯の接触ぐせTCH」。

2015年3月:PHP研究所「くらしラク〜る」3月号に「100歳まで自分の歯を守るための習慣」。

2015年4月:NHK出版「きょうの健康」4月号に「顎関節症 セルフケアで改善」掲載 

2015年4月〜9月:歯科専門誌「歯界展望」4月号〜9月号に「顎関節ー動物による多様性から関節円板転位を考える」掲載。

2015年10月:歯科専門誌「日本歯科評論」10月号に特別企画「患者さんの知らない癖を知る」掲載。

2015年11月:歯科専門誌「デンタルハイジーン」11月号に「メインテナンスでこそ活きる!TCHコントロールのススメ」掲載。

2016年2月:歯科専門誌「歯界展望」2月号に特別寄稿「咬合違和感を訴える患者が来院したら」掲載。

2016年10月:「婦人画報」11月号に「TCH」掲載。

2016年11,12月:歯科専門誌「歯界展望」11月号・12月号に特集「TCH是正咬合療法の現在」掲載。

2017年5月:PHP研究所「くらしラク〜る♪」6月号に「100歳まで自分の歯を残そう!」

ホームに戻る

詳しい説明と購入法


 


 

 

この会は、木野孔司准教授をリーダーとした東京医科歯科大学の顎関節治療部で研究・研修した歯科医師有志と齋藤博(サイトウ歯科)によって、TCHを社会に広める目的で、2010年に設立されました。過去6年の社会活動で、TCHが社会的に認知されるようになりました。木野先生が東京医科歯科大学を定年退職されたため、事務局の齋藤博(サイトウ歯科)が、この会を引き継ぎ、TCHを社会に広める活動を展開してゆきます。