TCH関連書籍のご案内

1.「.100歳まで自分の歯を残す4つの方法」木野孔司・齋藤博著(講談社) 6刷!

 TCHという新しい概念を知っていただき、健康生活に役立てていただこうと、平易な文章で書いた書物です。発売後、6年近くになりますが、版を重ね、現在6刷となっています。海外(台湾・韓国)でも翻訳されて出版されていますから、誰にでもお勧め出来る1冊です。

 この本を読まれて、自分の歯を大切にしようと思われたら、ぜひとも、この本に書いてある「これだけは知っておこう」というコラムは丸暗記してください。100歳まで自分の歯を残すためには、歯科医に丸投げするのではなく、歯科の基本知識を持ってから歯科治療を受けなければなりません。乏しい歯科知識で歯科治療を受けてしまうと、自分では望んでいない歯科治療を受けてしまう可能性があります。


  

 日本版1400円(税別)  台湾版   韓国版 

 

  

2. 「自分で治せる!顎関節症」木野孔司・齋藤博監修(講談社) 2刷!

   顎関節症の診断法・TCHリスク分類・TCHコントロール法が、イラスト付きで易しく説明されています。

 1300円(税別)

 

3. 「歯科医院で取り組む TCHコントロール入門」齋藤博著・木野孔司監修(医歯薬出版)重版!

 「TCH是正咬合療法」という言葉が生まれる前に書かれた本です。しかし、「TCH是正咬合療法」の本質部分は掲載されています。
「TCH是正咬合療法」を学ぶ参考書となります。

4. 「TCHのコントロールで治す顎関節症」木野孔司著(医歯薬出版)改訂版!

ホームに戻る

 


 

 

 

 

この会は、木野孔司准教授をリーダーとした東京医科歯科大学の顎関節治療部で研究・研修した歯科医師有志と齋藤博(サイトウ歯科)によって、TCHを社会に広める目的で、2010年に設立されました。過去6年の社会活動で、TCHが社会的に認知されるようになりました。木野先生が東京医科歯科大学を定年退職されたため、事務局の齋藤博(サイトウ歯科)が、この会を引き継ぎ、TCHを社会に広める活動を展開してゆきます。