■「ご自分のTCHに気付き、TCHリスクを知ること」に質問があるようでしたら 

 

 

 本会の今までの活動で、「TCH」という言葉が広く知られるようになりました。難病と考えられていた顎関節症の治療も、少しTCHを勉強された歯科医師であれば、症状を改善させ、日常生活に困らないように治療することが可能となりました。

 本会の次なる展開は、ご自分のTCHに気付き、TCHリスクを知ることで、100歳まで自分の歯を残すことに役立てようと言うものです。

 100歳以上の人口は、昭和62年には2271人でしたが、平成29年には65692人と増えています(厚生労働省のデータから)。これからも100歳以上の人が増え続けると考えられています。こうした時代に対応する歯科医療は、「生涯自分の歯を使う」ことです。自分の歯を使い続けられれば、高度医療といわれる再生医療やインプラント医療なども不必要です。

 100歳まで(生涯)自分の歯を使い続けることは、そんなに難しいことではありません。口腔内の三大疾患と言われる虫歯・歯周病・顎関節症は、生活習慣病です。したがって、日常生活に問題があります。従来から言われているSugar(ショ糖)とPlaque(プラーク)のコントロールに加えて、もう1つのコントロールが出来れば、高い確率で100歳まで自分の歯を残す可能が高くなります。

 皆さんは、酷使に耐えている歯の悲鳴を感じたことがありますか。歯をどんなに酷使しても悲鳴をあげることはありません。その代わりに、歯が欠ける、歯がグラツク、歯が割れる、噛むと痛む、歯肉からウミが出るようになるなどと言った症状が現れます。こうした症状が現れることは、声には出ない悲鳴をあげている何よりの証拠です。こうした悲鳴に気付き、歯を壊さないように大切に使用する必要があります。

 軽い力で、長時間上下の歯を当てているだけでも、歯には大きなストレスが掛かり続けています。このように酷使され続けている物言わぬ歯を、安静にしてあげる手立てが必要です。ここに、顎関節症治療から生まれたTCHを活用します。ご自分のTCHに気付けるようになれば、酷使されている歯の悲鳴もわかるようになり、予防が可能となります。

 ぜひとも、ご自分のTCHに気付き、TCHコントロールを行うことで、歯を酷使することを防ぐべきです。特に、TCHリスク3a、TCHリスク3bの人は必須事項です。TCHリスク分類については、こちらを参照してください。

  「100歳まで自分の歯を残す4つの方法」(講談社刊)を読まれて、ご自分のTCHに気付き、TCHコントロール出来るようにして下さい。その上で質問があるようでしたら、質問してください。歯科医院の紹介はしておりません。

申し訳ございませんが、ただいまお問い合わせは中止しています。

 ホームに戻る

 

 

この会は、木野孔司准教授をリーダーとした東京医科歯科大学の顎関節治療部で研究・研修した歯科医師有志と齋藤博(サイトウ歯科)によって、TCHを社会に広める目的で、2010年に設立されました。過去6年の社会活動で、TCHが社会的に認知されるようになりました。木野先生が東京医科歯科大学を定年退職されたため、事務局の齋藤博(サイトウ歯科)が、この会を引き継ぎ、TCHを社会に広める活動を展開してゆきます。